穀物で便秘を解消

今でこそ欧米の食文化が日本に入ってきたため、和食に限らず洋食も好んで食べられるようになりましたが、もともと日本人は穀物と野菜が食事の中心だったため、体も穀物や野菜が吸収しやすいような作りをしています。

昔に比べて日本人は便秘が増えていると言われていますが、日本人に便秘が増えている背景には食の多様化が少なからず影響していて、食が多様化することによって本来はあまり摂取されていなかった肉類などを食べる機会が増えたため、体の機能が付いていけずに便秘になるケースがあります。

そのため、便秘を解消する場合は原点回帰ということで穀物や野菜を中心とした食生活に戻すことが大事なポイントになってきますが、特に穀物には食物繊維が多く含まれているため、穀物を摂ることによって便秘解消の期待があります。

穀物に含まれている食物繊維は水に溶けないタイプの食物繊維なので、溶けずに水をたくさん吸収して便の容積を増やしてくれる働きをするのですが、これによって便が柔らかくになることに加えて排便が促進されるため、便秘が解消するというものです。

穀物で便秘を解消

穀物と言っても米に限らずトウモロコシやソバなどもあるので、毎日違う穀物を取るようにして味を変えると穀物を毎日摂ることが苦痛ではなくなります。

また、穀物だけを摂るのではなく野菜や魚も一緒に食事として摂ることも大事で、これによって便秘の解消に限らずダイエットや美容、健康に対しての効果も期待できます。